スーパーファイターピンボール

国内ニュース


 新融資枠を適用!バンコク都EVバス導入事業(海外投融資)

発表日:2023.12.06


  国際協力機構(JICA)は、タイの首都・バンコクの公共バス電化を促進する事業に「気候変動対策推進ファシリティ(略称:ACCESS)」を適用した。ACCESSはG7グローバル・インフラ投資パートナーシップにおける首相表明を受けて創設されたもの(総額:15億米ドル上限)。気候変動の緩和(再エネ・植林・EV事業等)や適応(農業・上下水道等)に資するインフラ事業等に対する迅速な融資を目指している。通常の海外投融資と同等の融資条件が適用され、国際開発金融機関、二国間開発金融機関又は実績豊富なG7先進国の民間銀行との協調融資を前提としている。本事業には、アジア開発銀行(ADB)、JICAおよびタイ輸出入銀行から13億タイバーツずつの融資が提供され、タイ国内・国外の民間資本が動員される。融資先はADBと長年パートナーシップを継続しているEnergy Absolute PCL。同社はタイ王国最大の再生可能エネルギー企業で、太陽光・風力発電事業やクリーンエネルギー製造事業をはじめ、EV充電ステーションの整備なども進めている。今回の融資等はEVバスの製造に充てられることとなっており、タイにおける公共交通機関の電化普及への波及が期待される。

情報源

機関
分野 環境総合
キーワード アジア開発銀行 | バンコク | ADB | 協調融資 | 海外投融資 | タイ王国 | EV バス | ACCESS | 気候変動対策推進ファシリティ | Energy Absolute PCL
関連ニュース

関連する環境技術