スーパーファイターピンボール

海外ニュース


 消費者食品廃棄物の削減:欧州議会で発表された概論

発表日:2023.08.02


  欧州委員会は、食品廃棄物削減目標として、EU加盟国に対し、個人当たりの量で小売業や食品の流通、レストラン、食品サービス、および家庭で、2020年の生成量と比較して30%減少させる法的拘束力ある目標を提案した。欧州消費者食品廃棄物フォーラム(ECFWF)は、この目標に向けて概論を公表した。ECFWFは、消費段階の食品廃棄物削減に焦点を当て、1)変化を受け入れられる廃棄の多い個人を特定し、2)データに基づいた対応計画と監視の標準化を改善、3)行動科学を活用して長期的な行動変化の促進する、という3つの優先行動を示した。ECFWFは、実践用に、家庭向けの動機づけと支援、家庭向けのコーチング、地域の認識キャンペーン、教育プログラム、外出先での行動の誘導、および国民的な食品廃棄物削減プログラムからなる6つのアプローチのタイプを提示して、消費者の食品廃棄物削減における体系的な取り組みの重要性を強調し、持続可能な食品システムの構築を奨励している。

情報源
国・地域 ドイツ
機関
分野 ごみ・リサイクル
キーワード ドイツ | 食品廃棄物 | 消費者 | 行動科学 | フードロス | 欧州消費者食品廃棄物フォーラム | ECFWF
関連ニュース

関連する環境技術