スーパーファイターピンボール

海外ニュース


 韓国環境省、世界最大の液体水素生産施設の建設進捗状況を視察

発表日:2023.05.15


  5月12日、韓国の環境大臣は、仁川広域市のSK仁川液化水素製造施設の建設進捗状況を視察した。視察の目的は、液化水素の生産とcharging stationでの使用を確認することであった。完成予定は2023年末で、仁川、求美、慶尚北道など約10カ所の燃料補給所の稼働が予定されている。液化水素は水素ガスよりも一度により多くの水素を輸送できるため、これらの燃料補給所の稼働が商用車の充電効率向上につながることが期待されている。5月4日、環境省、地方自治体、民間企業、バス運送会社の間で、今年中に通勤バス250台を水素バスに転換し、2026年までに2,000台にすることが合意された。この施設の建設は2021年7月に開始され、約6000億ウォンが投資され、年間30,000トンの液化水素を生成する世界最大の施設となる。環境省気候変動・カーボンニュートラル対策室審議官、金漢昇氏は、「環境省は水素給油所の建設を積極的に支援し、燃料電池バスなど商用水素車両の普及を推進している。」と述べた。

情報源
国・地域 韓国
機関
分野 地球環境 環境総合
キーワード 水素 | 輸送 | 韓国 | 水素バス | 燃料電池バス | 商用車 | 液化水素 | 仁川広域市
関連ニュース

関連する環境技術